みかん先生はくじけません

小学校教師。平本式認定講師。DoMaNNaKa発見トレーナー。日本プロカウンセリング協会二級心理カウンセラー資格。

先生vs子どものトラブル解決法!~悪口がもたらすものとは?~

f:id:mikan0515:20191206184041p:plain

4月の頃のKくんは…

授業が始まっても、教科書も出さなかった。
めんどくせえと言ってノートを書きたがらなかったし、
俺バカだからと言って、テストを白紙で提出してきた。
「体操着のシャツ入れて」とか、「上履きちゃんと履いて」と注意をするたびに、舌打ちしたり、反抗したり…
いつも何だか不満げだった 。


今では…

授業中たくさん手を上げて発表する。
ノートの評価は Aを取る。
漢字テストでは、だいたい80点を取れるようになった。
最近は、自主学習も自分から進んでやってくるようになった。




そんなKくんなのですが…
ある先生の悪口を言いふらしている中心メンバーの一人として、名前が挙がりました。

事実を確かめようと、 Kくんを呼んで話を聞きました。


その受け答えがなんともまぁ…

あっぱれ!( ̄ー ̄)

堂々としたものでした。
4月のころをちょっと思い出しました。笑



「はい。言ってますよ。
 俺あいつ嫌いです。
 偉そうに理不尽なことばっかり言ってくるんです。
 俺悪いことしてません。」





どんな理不尽なことを言われたの?
そっか。
それは悔しかったね。
他には?
それの何が嫌だった?


寄り添って聞ききった後、聞きました。



それで、悪口を言いふらして、何かよくなりましたか?
Kくんの気分は、晴れましたか?


「………」
黙ってうつむくKくん。



悔しかった気持ちはわかるよ。
確かに、悪口を言えば、その先生を嫌だなーって思う人が増えて、その先生に嫌な思いをさせられるかもしれない。


でもさ。

それで??
それはKくんにとって、どんないいことがあるの??



例えばね。
今回のことで、Kくんは周りの人からこんな風に思われるかもしれない。


「あー、そっか。
 Kくんって人の悪口を言いふらしたりするんだ。
 きっと今日、今度は私の悪口を言いふらすんだろうなぁ。
 これからKくんのこと呼んで注意するの、やだなぁ。
 もうあんまり深く関わらないようにしよう。」


Kくんがパッと顔をあげて、悲しそうに首を振りました。


悪口ってね、一番被害を受けるのは、悪口を言っている本人なんだって。
自分の、人としての信頼度や価値を下げてしまうよ。




この後は、クラスみんなに話をしました。


先生たちはね、君らに嫌われる覚悟をもって仕事をしてる。
こんなこと注意したら、みんなに嫌われちゃうかな?なんて思ってたら、先生の仕事なんてできない。
だから、君らの将来にとってよくないと思えば遠慮なく叱るし、怒る。

そして、その怒るポイントや伝えたいメッセージは、先生によって違う。
だって、先生たち一人一人がそれぞれの人生を生きてきたんだもん。
大切に思うことも、みんなに伝えたいことも、みんな違う。
みんなは、関わる先生の数だけ、たくさんのメッセージを受け取ることができるんだよ。

でもね。
それを受け取るか受け取らないかは、あなたたち一人一人が決めることができる。

あなたたちが、「それは違う!」と思うことがあるなら、きちんと話そう。
大人だって間違う。
間違っているって分かったら、先生たちだって反省できるし、改善できます。


影でごちゃごちゃ言って、何かいいことがありますか?
それで何かが変わりますか?


せっかく出会って一緒に学んでいるんです。
きちんと話をしてください。
文句や悪口じゃなくて、相談ならば、先生はいくらだって話を聞きます。



子どもたちと同じ目線で物事を見られる大人でいたいです。
対等に話し合える信頼関係を、大切にしていきたいです。
子どもたちからのまっすぐな声に、きちんと向き合える大人でありたいです。