みかん先生はくじけません

小学校教師。平本式認定講師。日本プロカウンセリング協会二級心理カウンセラー資格。

子どものけんかスッキリ対処法~とことん寄り添ってみましょう~

f:id:mikan0515:20190612065722p:plain

給食の準備時間。

Nくんが私のところに駆け寄ってきた。

 

Kくんが殴ってきた。

 

Kくんは、4年生まで問題児としてよく話題に挙がっていた子で、やんちゃっ子のボス的な存在だ。

 

Kくんのそばに行くと、怒りに満ちた表情をしたKくんがいた。

4月の頃に、Kくんがよく見せていた表情だ。

 

事情を聞いてみると、二人の意見が食い違う。 

先に仕掛けてきたのはKくんだ 、いや、N くんだと、また口論を始め出す。

2人の興奮がおさまらない。

 

 

こんなときは…

 

ふぅー……

 

深く息をして、まずは自分が落ち着くこと。

 

そして心に決める。

 

よし。

2人にとことん寄り添いきるぞ✨と。

 

 

先生はどっちのことも疑ってない。

どっちの話もちゃんと信じる。

それぞれの話をちゃんと聞きたいから、それぞれが思う本当のことをゆっくり聞かせてくれる?

 

そう言うと、2人の表情がふっと和らいだ。

 

そっか。そうだったんだね。

その時どんな気持ちだった?

それの何がいやだったの?

 

2人から丁寧に聞いていくといろんなことが見えてくる。

起こったことが1つの作品のように繋がって、ストーリーになっていく……

 

 

 

給食準備中、国語のポスター制作が終わっていなかった K くんのグループと N くんのグループは、その作業の続きをしていた。

 

 

Kくんから見た世界

 

Kくんは、不器用な男の子だ。

ポスター作りはとっても苦手。

それなのに、ペアを組んでいる女の子が合唱部の都合で教室を留守にしていて、いない。

絵の部分を任されたけど、自信がない。

「誰か絵が得意な人手伝って!」

そう助けを求めた。

みんなに助けを求めると、絵が上手なYさんを発見!

Y さんの所に頼みに行った。

すると、 Nくんがそこに割り込んできた。

「絵、かいてあげるよ。何でもいいんだろ?」

なんだかいやな感じだ。

「やめろ。ふざけるな。」

それでもペンをとって書こうとしてきたN くんに頭にきた K くんは、N くんを殴った。

 

 

Kくんは、ポスターを自分のせいで台無しにしてしまうのがどうしても嫌だった。

ずっとやんちゃっ子だったKくん。

 

「今まで国語の時間にちゃんとポスター作ったことなんかなかったんだ。いつもふざけてきたから。でも、今回はちゃんと協力してここまで進んだのがうれしかった。だからふざけたくなかったんだ。殴っちゃってごめん。」

 

そう言ってポロポロ泣き出した。

 

 

Nくん から見た世界

 

ポスターを進めていたら、Kくんの声が聞こえた。

「誰か絵をかくの手伝って」

 

手伝おうと思った。

自分もそんなに絵は得意じゃないけど、力になれるかもって思った。

 

「手伝うよ」

そうKくんに言ったのに、Kくんに無視された。

僕を無視して、目の前を素通りして、Y さんに頼んでみせた。

 

なんだよって思った。悔しかった。

 

だからちょっとふざけちゃった。

いやな感じで「書いてやるよ」って言っちゃった。

でも、本気で怒らせそうだったから、もうやめようと思った。

 

もやもやした気分のまま、自分のポスター制作に戻ろうと思ってカラーペンを取った。

そしたら、K くんが突然殴ってきたんだ。

 

「ふざけてごめんね。でも、無理矢理書くつもりはなかったんだよ。」

 

 

 

ここまで話すと、2人はすっかり落ち着いている。

 

2人とも、自分が悪かったところが分かったんだね。相手がどんなこと思っていたかも分かったね。

 

深く頷くKくんとNくん。

また同じようなことが起こったら、どうしたいかを聞いていった。

 

「ふざけちゃったとき、いやな感じで言うんじゃなくて、僕も手伝いたいから、無視されたら悲しいって伝えたい。

 

「ふざけてきたら、手伝ってくれるのはうれしいけど、何でもはよくない。◯◯の絵をかいてくれたら助かるなって言う。あと、暴力はぜったいだめ!

 

 

もしも、それがどこかでできていたら?

 

「ケンカにならなかったね!」

 

そう言うと、2人は顔を見合わせてにっと笑った。

 

行動には目的がある。

その行動にその子を突き動かした感情がある。

 

しっかり寄り添っていきたいです。