みかん先生はくじけません

小学校教師。平本式認定講師。二級心理カウンセラー資格。

卒業式でお母さんにありがとうを言いたい~Sくん奮闘記~

f:id:mikan0515:20181110183941j:plain

Sくんは、とにかく明るくてお調子者の男の子。

いつもクラスを楽しく盛り上げるムードメーカー的な存在でした。

こつこつと何かを続けていくのは苦手。

でも、新しいことにどんどん挑戦していく、行動力と発想力をもった子でした。

 

そんなSくんが、卒業式の1か月前くらいから、なんだか落ち着きがない様子で…。

イライラしていて、いつもの明るい感じがない。

 

「どうしたの?」

聞いてみると、

「俺だめなんすよ。自主学習を卒業式まで絶対続けるって言ったのにできないし、バスケの練習を学校来る前に毎日やるって言ったのにできないし…。」

やると言ったことをできない自分に、イライラを募らせているようでした。

 

休み時間に話したり、日記を通してやり取りをしたりする中で、S くんが本当にしたいことが見えてきました。

 

 

それは、卒業式1週間前のこと。

 

「何か焦ってるように見えるけど?」

私の問いかけに、Sくんがポツリポツリと話し出しました。

 

だってさ。母さんに言われたんですよ。

やるやるって言ってどうせ何もやらないって。

最近、母さんを怒らせてばっかでさ。

ケンカばっかりなんですよ。

俺だって、卒業式ぐらい、いいとこ見せたいですよ。

卒業式までにはこれができたぞって言いたいし、ありがとうとか、言った方がいいかなって思ってるんですよ。

 

なんと……

卒業式までには何かをやり遂げて、お母さんにありがとうが言いたい✨

 

それが、Sくんが本当にやりたいことでした。

 

 

「今までに、これができたぞーって思ったことで、お母さんに褒められたことある?」

「ある!たくさんある!」

「それってどんなことだった?」

そのとき、Sくんの表情がパッと明るくなりました。

 

「何かできるようになったときは、いつでも褒めてくれるわ。そっか!何でもいいんかも!なんか探します!」

 

 

 

それから数日がたった、卒業式三日前。

 S くんが私のところに駆け寄ってきました。

 

「あった!先生、あった!!」

 

音楽の時間に、音楽の先生から紹介された和楽器

音を出すには、かなりの肺活量とコツが必要とのこと。

音を出すのは、大変難しいということを紹介されたとのこと。

 

「俺、それの音を出してみせる!!」

 

S くんと一緒に、音楽の先生に頼みに行きました。

音が出るようにがんばりたいこと、そのために和楽器を貸してほしいことを伝えました。

先生は、快く承諾してくださいました。

 

 

 

卒業式当日。

 

教室に入ると、満足気な S くんの笑顔が待っていました。

手には、でっかい和楽器がしっかりと握られて……

 

 

「がんばったので聞いてくださーい!」

Sくんがそう言うと、

「おおーー!!がんばれー!!」

自然とクラスのみんなの歓声が湧き上がります。

 

力いっぱい息を吸って………

 

ブオオオオオオ❗❗❗❗

 

その音の大きさに、みんなびっくりして大笑い。

拍手が湧き起こります。

S くんも笑いながら満足そうでした。

 

 

卒業式の後。

 

「先生、見てて」

Sくんが声をかけてくれました。

 

 

「こんな俺だけど、育ててくれてありがとう。」

照れくさそうに、お母さんにお礼を言うS くん。

お母さんの涙。

私も思わずもらい泣きしてしまいました。

 

 

これからも、 S くんは、新しいことにどんどん挑戦し、自分の可能性を広げていくことでしょう。

 

その子が本当にやりたい事を一緒に探して応援できる、教師という仕事に、改めて喜びを感じた瞬間でした。

 

Sくん、楽しい時間をありがとう。

ずっとずっと応援しています。