みかん先生はくじけません

小学校教師。平本式認定講師。二級心理カウンセラー資格。

笑顔があふれた始業式~任されて、自ら考え行動するすんばらしい効果~

f:id:mikan0515:20190108232320p:plain


今日は始業式でしたヽ(*´∀`*)ノ

やはり、子どもたちに会うと、背筋がシャキッとします。

 

 

休み明けに教室に入った子どもたちが、少しでもワクワクするように、黒板にこう書いておきました。

 


明けましておめでとうございます。

小学校生活最後の学期が始まります。

一日一日を大切に、輝くスターを目指して、さらにレベルアップしていきましょう。

ワクワクする楽しい思い出をたくさん作ろう!

今年もよろしくお願いします。

 

さて。

今年初のミッションです。

やれることは朝のうちにすべてやっておいてください。

任せた!

 

(スターは子どもたちが決めたクラスのスローガンです✴)

 


朝子どもたちが登校し始めてから、始業式までの時間はおよそ40分。

私は昇降口で子供たちを迎え、教室には行かないようにしました。

1、2学期も同じようなことをしたのですが、今回はさらに子どもたちが考えればやれることをたくさん残しておきました。

 

さてさて。

子どもたちがやっておいてくれたことは以下の通りです。

 

ダンボールに入ったまま廊下に置いておいた学年分のドリル、ノートの配布

・残ったダンボールをまとめてリサイクルコーナーに持っていく

・ゴミ捨て

・手紙ボックスに入っていた手紙の配布

・宿題(8種類)の回収

・宿題(8種類)を名前の順に並べる

・宿題を忘れた人を名簿にチェックする

・クラス用ビニール袋と雑巾の回収

・教室と廊下の簡単清掃

・分かる範囲での連絡帳の記入

・加湿器の設置

・金魚の水槽の掃除水の取り替え

・3学期の当番を黒板に書き出す

 

ここまでやって時間切れだったそうです。

 

 

やったことを報告していく子どもたちは、私が驚くたびに、お互いに顔を見合わせて、満足そうにニヤっとします。

 

「えー!びっくり!!何でそんなにたくさんできたの!?」

と聞くと、

 

そりゃーあれですよ。分担ですよ!

声かけ合ったし!

協力できたから!

優先順位とかね!

 

と口々に言いました。

 

そして、

もうちょっと時間があったらまだまだできることがあったのに!

とお調子者のSくんが言って、笑いが起こりました。

 

学期を追うごとに成長していることを改めて実感します。

 

 

子どもたちは、任されることがうれしいのです。

考えて行動してみたことが、認めてもらえることが、次も挑戦してみる励みにつながるのです。

 

 

彼らと過ごせるのもあと約50日。

1日1日を大切に、私も一緒に成長していきたいです。

 

シャキッとした背筋で、

心を正して、

彼らと向き合っていきたいです。