みかん先生はくじけません

小学校教師。日々思うことや学んだことを綴ります。

自分のおしり、自分で叩けますか?~この一言で子どもたちの目が輝いた✨~

f:id:mikan0515:20180910212106j:plain

 

2学期が始まって2週間が過ぎた月曜日。

始めのやる気が少し落ち着いて、運動会まではまだちょっと日があって。

なんとなーくダラーっとした空気が流れているような、いないような………

 

子どもたちは、やるべきことはきちんとやっています。

手伝いもよくするし、挨拶もよくする。

発表もよくしてるし、運動会に向けての練習も、自分達で声をかけ合ってやってはいる。

 

でも、何かが足りない。

今に満足せず、よりよいものを目指すエネルギー✨……

もっとこうなりたい!とかこうなってやる!みたいなエネルギー✨が………

 

足りなーーーーい!!!(ノ`Д´)ノ彡┻━┻

暑苦しい先生でスミマセン。笑

 

 

 

というわけで、話をしてみました。

 

 

「ねぇみんな。最近どうよ?」( ´ー`)

(久々会った友人と居酒屋に行ったときの第一声のように。笑)

 

??

 

「なんかさ。最近このクラス、こなれちゃった感じがするんだよね。いい意味でも悪い意味でも。」

 

????

こなれたって何ですか??

 

「まぁ怒られないくらいのやるべきことはできるようになったので、こーんな感じでやっていきまーす。みたいな感じ。」

 

怪訝そうに首をかしげるみんな。

それってダメなんですか??

 

「ダメじゃないよ。でも、そう考えてたら、これ以上にはならないんだよね。卒業までずーーーっと、先生に怒られないくらいのレベル止まり。」

 

「週目標5つあったらだいたい2つくらいギリギリで達成すれば、いっか。

体力アップキャンペーンは15人くらいが走ってればいっか。

給食は13時ごちそうさまは間に合わなくても3分遅れくらいで終われば、いっか。

運動会の練習は、音楽かけてなんとなく声かけて、15人くらい踊ってれば、いっか。」

 

あーー…………確かに。

全然ダメだったころは、どうすればよくなるかもっと考えてたし、何とかしようともっとがんばってた気がする。

 

「先生が設けた、ここは越えてくれないと!っていうラインがあってさ。前は、そこを越えなかったら6年生として恥ずかしい!!って、ムチを振り回してる先生が後ろにいたわけだ。」

 

ムチ!!笑

こわいこわい!!笑

 

「みんなは、そのラインを見事にクリアしていった。んで、先生はもうあまりムチを振り回さなくなった。」

 

なるほど!

確かに最近先生怒ってない!

 

「じゃあ、次のみんなの目指すラインはここザマス!!って言って、また先生がムチを振り回してもいいんだけどさ。」

 

やだーーー!!笑

 

「もしくは……。ほーれほーれ!運動会の練習もーっと頑張ったら宿題なしにするわよーってご褒美をぶら下げて、前を走ってあげてもいいんだけどさ。」

 

少し笑いが起こったあと、みんなの目が真剣な色に変わったような気がしました。

 

「みんなはそれでよいのですかね??」

 

いやです!

と、元気な反応。

 

「自分のおしり、自分で叩けますか?」

 

はい!叩きます!!

元気なSくんがそう言って、クラス中に笑いが起こりました。

 

「もっとこうなりたい!って思いを、もっと自分たちで話し合ってごらん。みんなは、もっともっといろんなことができるよ。」

 

こういうとき、キラキラっと輝く子どもたちの目が、大好きです。

 

 

さて。

ここからどうなるか、楽しみです。

しっかり見守っていきたいと思います。