みかん先生はくじけません

小学校教師。日々思うことや学んだことを綴ります。

私の大切な場所~ふるさとっていくつあってもいい~

f:id:mikan0515:20180818204205j:plain

 

私には、ふるさとが3つある。

そのうちの一つ、祖母の家がある愛媛県西宇和郡伊方町について紹介しようと思う。

 

伊方町は、愛媛の細長ーくとんがった部分の先っちょ。

海と山に囲まれた集落に、祖母は住んでいる。

そりゃあもうびっくりするくらいのレベルのド田舎✨だ。

 

 

一番近くのスーパーまで、車で10分。

(歩くと1時間くらい。しかも夕方には閉まる。)

 

最寄り駅までは……

ん?最寄り駅とかないかも。

電車は通ってない。

松山から、バスが1日3本出ているだけ。

 

家に鍵とかあるんかな?

かけているところは見たことがない。

荷物は郵便屋さんが中まで届けてくれる。

 

虫が大きい。

蚊も蜘蛛もGもめちゃくちゃ大きい。

 

道を歩いていると声をかけられる。

「見かけん顔やねー。あんただれやー?」

………!!(゜ロ゜ノ)ノアンタモダレヤー!!笑

 

料理を作っていて、野菜がなくなると、祖母は包丁を片手に家を出ていく。

………………(((((゜゜;)フシンシャ!!笑

畑にいって野菜を刈ってくるのだ。

 

葬式には、集落の皆さんで集まってお経を唱えたりする。

祖父の遺骨は親戚が自ら墓に潜って納めた。

これには本当にびっくりしたけど、感慨深かった。

 

山には猪が出る。

祖母家はみかん農家。

猪の罠を仕掛けたりする。

 

夜はまっくら。

街灯とかは、あまりない。

 

 

だから……

 

星がめちゃくちゃキレイ✨

空気が澄んでる✨

自然の音が聞こえる✨

心が落ち着く✨

自分の悩みをちっぽけに感じられる✨

 

 

私はこの場所が大好きだ。

ここで会える人たちが大好きだ。

大好きすぎて、大学生のときからずっと、みかんの収穫の手伝いという名目を作って入り浸っている。

今も。

祖母が元気なうちは、年に2回は帰る。

それが私が勝手に立てた目標だ。

 

 

いつ行っても、

「おかえり」と迎えてくれる。

「またおいで」と見送ってくれる。

祖母の笑顔が大好きだ。

がんばって生きてきた、しわくちゃな手が大好きだ。

 

 

どんなしょーもない自分も受け止めてくれる場所。

生きることがいかにシンプルなことかを思い出させてくれる場所。

人っていいなぁー。地球っていいなぁー。

なんていう漠然としたよくわからないことを、ただぼーっと味わえる、最高に贅沢な場所。

 

愛媛県西宇和郡伊方町

生まれ育った場所ではないけれど、私の欠けがえのないふるさとです。