みかん先生はくじけません

小学校教師。日々思うことや学んだことを綴ります。

子どもたちからの先生への相談~12歳もいろいろ大変です①~

f:id:mikan0515:20180620214028j:plain

先週は、子どもたち一人ひとりと面談する期間でした。

 

毎日一緒に過ごしていても、2人でゆっくり話す時間はなかなかないものです。

子どもたちには事前に、

「何か相談したいことがあるか考えておいてね。」と伝えておきました。

 

 

相談期間を終えて思うことは、彼らもいろいろ悩んでいるんだなぁ…と。

相談内容はいろいろあったので、何回かに分けて少しずつ紹介していきたいと思います。

 

 

①どうしたら、授業中手を挙げられるようになりますか??

失敗したらどうしようと思うと、なかなか挙げられないんです。

 

→手を挙げられるようになりたいと思えたことがまずスゴい。

 どうして手を挙げられるようになりたいのかな。

 なりたい自分を具体的にイメージしてみよう。

 もし本当にそうなれたら、どんな気分かも。

 作戦はスモールステップでできそうなことから始めよう。

 

 狙い目は、得意な教科から。

 手を挙げる目標を具体的にして、先生やおうちの人に宣言しちゃおう!

 

②お母さんの言うことを素直に聞けません。どうしたらイライラせずに話せますか?

反抗期なんだと思うんです。注意されるとイラっとします。

 

→反抗期は、成長している証拠。

 それに気づけているってまずスゴい。

 

 明日の自主学習に次のことを書いてきてください。

 ・イラっとしたお母さんからの注意

 ・なぜお母さんがそのことを注意したか、自分なりの見解

  (正直に。「たぶん八つ当たり」とかも可。)

 ・今日お母さんにしてもらったこと

 ・書いてみて、気づいたこと

 

 これを、3日間続けてみよう。

 反抗期は悪いことじゃないと思うけど、これをやってみると、見えてくることがきっとあるよ。

 

③いつもだれかの悪口を言っている友達がいます。その友達を嫌な気分にさせずにそれを止めるには、どうしたらいいですか?

何か言うと、私の悪口も言われちゃう気がするんです。

 

→あなたの心は素敵です。その心を大切にしてね。

 これはきっと、多くの人が生涯付き合っていく悩みです。

 

 1、さらっと流す。

   「ふーん。」と言って別の話題に切り替える。

   (リスクは低いけれど、悪口はなくならない)

 2、解決策を提案する。

  「あいつすぐ私の真似してきてやなんだけどー」「そうなの?真似しないでって言ってみたら?」

   (単に悪口が言いたいだけの場合、チッと思われる可能性あり。でも、前向きな悪口は相談にもなり得る)

 3、悪口はいけなーい!やめよー!とストレートに言う。

   一人じゃなくて、何人かでいるときに言う方がオススメ。

   (リスキーだけど、本当にその子のことを思うならベスト)

 

 これじゃないといけないっていうのはなくて、その時々で選んで対応していくのがいいんじゃないかな。

 ファイト!

 

 

ちなみに、この相談を受けて、早速「悪口」について、道徳の授業で扱いました。

 

 

12歳も悩んでおります。

いくつになっても悩みは絶えないもの。

彼らのように、まっすぐ悩みと向き合って生きたいです。

 

そして、一緒に悩んだり導いたりできる存在になりたいです✨