みかん先生はくじけません

小学校教師。日々思うことや学んだことを綴ります。

あきれるほど親バカな父

今週のお題「おとうさん」

 

私の父は、あきれるほど親バカです。

自分や自分の家族がスペシャル✨であることを信じて疑いません。

 

 

たとえば…

 

私「今度研究授業やることになったよー」

父「そうか。優秀な先生が選ばれるやつだな?さすがじゃないか。」

私「違うよ。若い先生から引き受けなきゃならないの。今回の社会のメンバー的に、立候補したんだよ。まぁ、やりたかったし…」

父「いや。それは、お前にみんながやってほしくて期待してそのメンバーにしたに違いない!みんながお前に期待しているんだ!

私「……………。(いやいや。社会のメンバーってそんなことで決まらないから)」

 

 

他にも…

こんなツッコミどころ満載の勘違いも、本当に大真面目で話してきます。

 

「お肉屋さんに行ったら、特別におまけしてもらえたんだ。やっぱり父さんは人を惹き付ける魅力がある✨

 

「病院で、なぜか父さんだけいつも早めに呼ばれるんだ。あの先生、きっと父さんのことが気に入ったに違いない✨

 

…………。

そんなわけあるかーい!!(ノ`Д´)ノ彡┻━┻

 

 

これに対して、

 

「違うよ。おまけってお得意様とか、いっぱい買ってくれたお客さんにはみんなにするんだよ。」

とか

「勘違いでしょ。気に入った患者を早めに呼ぶ先生とか、聞いたことないから。」

とか

正論を真面目に返すと怒り出します。

 

 

口下手なので、最終的にはいつも、

「親に向かってその口の聞き方はなんだー!!💢」

が決め台詞でした。

 

 

昔はよくこれで言い合いになり、よく怒られましたが、

今は、するっと聞き流すことができるようになりました。

 

どんな的外れな勘違いを言われても、こう返せばいいのです。

 

「ソダネー(* ̄ー ̄)」

 

 

そうすると、なんてまあ幸せな人なんだろうと思います。

父のように世の中を見ることができたら、楽しいだろうなぁ……。

 

 

昔から、父は、自分のことも私のことも、事あるごとに褒めちぎってくれました。

根拠はなくても、他の子と違って特別だと、言われ続けました。

 

お前は頭がいい。声がいい。字がうまい。泳ぎ方がきれいだ。特別優しい子だ。

 

その父の言葉に支えられて、こんなにポジティブに成長したことは、間違いありません。

 

母が褒めない分、ちょうどよいバランスだったのでしょうね。

 

mikan0515.hatenablog.com

 

 

 

お父さん、いつもポジティブパワーをありがとう。

 

父の日の贈り物、もう決めました。

長生きしてほしいから、今年はお酒は贈りません。

お父さんの大好きなあのグッズです。

 

 

渡したら、何て言うかな?

きっと……

 

「さすがだ!やっぱり私の娘は分かっている✨」

 

褒めちぎってくれることでしょう。