みかん先生はくじけません

小学校教師。日々思うことや学んだことを綴ります。

もしも自分の年齢を動かせるなら、小さい頃に戻したい?大人になりたい?~朝のスピーチテーマ~

6年4組では、毎朝の朝の会の中で、日直がスピーチを行います。

テーマはこちらで指定し、30秒以上1分以内という時間制限の中で話すことになっています。

(得意不得意があるので、時間は努力目標。やり直しなどはありません。実際の記録は先生の㊙帳簿にメモすると伝えてあります。)

 

現在のテーマは…

もしも自分の年齢を動かせるなら、小さい頃に戻したい?大人になりたい?

です。

 

今、だいたいクラスの半分の子どもたちがスピーチを終えたところなのですが、子どもたちの中では断然、

 

大人になりたい派が人気の模様…。

 

理由は、

●車が運転できる。

●お酒が飲める。

●なりたい職業につける。

●買いたいものが買える。

●夜更かしできる。

 

などなど。

大人の自由度や権限の大きさに言及したものが多い。

 

一方、

小さい頃に戻りたい派はというと

(今だって十分小さいやないかーい!というツッコミは置いておいて…)

 

●勉強を一からやり直したい。

●やったことない習い事にチャレンジしてみたい。

●今の頭脳で小さくなれば天才と呼ばれる存在になれる。

 

などなど。

 

聞いていておもしろいです。

 

今日のスピーチしたSくんは、小さい頃に戻りたい派。

彼の主張はこうでした。

 

「僕は絶対、さっさと大人になんかなりたくないです。みなさん、身の回りにいる大人を見てみてください。毎日遅くまで働かなきゃいけない。付き合いで飲まされる。酔っぱらって帰れば家族に文句を言われる。職場の人間関係では苦労し、口から出てくるのは愚痴ばっかりですよ。ずーっと子どもでいた方が楽に決まってます。」

 

Sくんのお父さんのことがちょっぴり心配になり、

子どもたちの身近で働く大人代表としてしっかりせねばと、

ちょっぴり思ったのでした。